カードローン増額審査のポイント

審査次第で増額が可能です

毎月の返済に余裕が出てくると、突然の出費のために借入限度額の増加を考えると思います。カードローンの増額は、新規申込をしてすぐには難しいですが、利用した方からの情報ですと新規申込から3ヶ月程度、毎月返済を続けていた場合に審査が通った例がありますので柔軟な印象です。

しかし、必ず審査が通るわけではないので、信用度を高める事が大切です。信用度を高めるために必要なのは、初めての利用から毎月の返済日にしっかり返済を続ける事です。

借入総額が100万円を超えたり、消費者金融の場合、収入証明書が必要になる限度額の50万円以上になると審査が厳しくなります。増額申請の金額によって対応が変わってきますが、審査が通れば来店不要で手続きが可能です。

消費者金融での増額は総量規制対象

消費者金融のカードローンで増額をする際は総量規制に気を付けましょう。消費者金融での借り入れは総量規制対象であるため年収の金額の3分の1を超える金額は利用不可能で、他社からの借入をする時は金額を把握して申し込む必要があります。

もし3分の1以上を超える金額の借入を希望する場合は、総量規制対象外の銀行カードローンに申し込みをしましょう。銀行カードローンなら消費者金融より金利も低いので、最終的に借り換え・おまとめも検討してみましょう。

賢く利用実績を積むには

キャッシングの増額を認めてもらうには、利用実績を積んでいく必要があります。キャッシング会社の信用評価には、収入や職業のほかにその人の信頼性という項目もあります。

借りたお金をきちんと返済していくことでその項目の評価が高まり、借りられる金額も増えていくというわけです。この実績を積む方法には少しコツがあります。それは限度額ギリギリまで借りないということです。

できるだけお金を借りたほうがはやく実績を積めると考えてしまいがちですが、常に限度額いっぱいの金額を借りている利用客は要注意人物としてチェックされてしまいます。

限度額いっぱいまで常に借りている状態で、さらに増額の申請をするとキャッシング会社のほうも何かあるのではないかと身構えてしまうのです。実績を積みたいなら限度額の半分程度を目安に継続してお金を借りていきましょう。

ほぼ確実に増額に成功するパターンとは

カードローンを増額できるかどうかは審査の結果次第ですが、ほぼ確実に増額に成功するケースがあります。それはインビテーションが来た場合です。インビテーションとはカードローン増額のお誘いのことです。

カードローン会社は信用に値すると判断した利用者には、自分から増額の勧誘をすることがあります。メールや電話での連絡のほか、ATM利用時に画面に増額のインビテーションが表示されることもあります。

インビテーションが来ているということは、既にある程度の審査が行われて増額のゴーサインがでている証拠です。インビテーションが来たならば、増額に成功する可能性はかなり高いといえるでしょう。

ごくまれに別のチェックにひっかかって増額に失敗することはあるものの、インビテーションが来たなら積極的に応じたほうがよいでしょう。

契約時より年収が増えていたら増額できるチャンス

カードローン契約をした時、契約先に勤務先の情報を伝えていると思います。がその後に転職したり職場が変わっていなくても何かしらの年収が増えた人はカードローン会社との契約内容を変更する際に借入限度額の変更を希望する事が可能です。

ただし転職して年収が増えたケースの時は再び在籍確認のやり取りが必要となります。ただし在籍確認のやり方は最初の時と変わりません。一方職場が変わっていなくて年収が増えた場合は当たり前ですが在籍確認はありません。

とはいえウソをついて増額をしたら自分で自分の首を絞めることになりかねないので止めましょう。

増額するためには半年以上のカードローン利用期間が目安

カードローンの増額審査を受ける場合、カードローンの利用期間が最低でも半年以上は必要となります。基本的には、銀行や消費者金融のカードローンを契約した際、融資限度額においてリスク回避のため、返済能力に対して余裕を持たせています。

銀行や消費者金融は、一定期間の間、利用実績から返済能力の担保を行い、増額可能かどうか判断しています。そのため、利用開始から1年程度が経過後、契約更新と同時に増額案内が行われるようになります。

しかし、契約者自身が増額を希望する際は一定期間すなわち半年以上の利用実績が目安となってきます。これは、全く見ず知らずの人にお金を個人間で貸し借りしないのと同じであり、相互間の信用度が向上することが関わります。

『1度借り入れを行い毎月しっかりと返済する人=優良契約者』と認められる条件が一定期間の利用となります。

増額審査に通る為に延滞などの金融事故は絶対にNG

銀行および消費者金融のカードローンで増額審査を受ける際、延滞情報は金融事故として取り扱われるため、審査通過は非常に厳しくなります。

返済遅延といった場合、指定日までに返済することで遅延損害金は発生するものの、比較的に軽微であり、予め連絡または直ぐに連絡することで大きな問題にはなりません。

一方、延滞という金融事故情報は、指定の返済日までに返済されなかったことが該当し、長期化や頻発する場合、延滞時点で代位弁済が行われ債権回収会社からの返済請求が発生します。

増額審査において、返済遅延といったことは利用限度額が高額になればなるほどリスクを伴うため、非常に問題となります。増額どころかいつの間にか利用限度額が減額されること、カードローンの利用停止といったことにも繋がります。

先ず、増額審査を行う際は、過去に支払遅延が無いか、直ぐに返済したか確認する必要があります。

増額はなぜ、新しく契約することなくできるのか?

もともと、新規で契約するときに初回の限度額とは関係なく、そのカードローン会社が持っている最大限度額で契約を結ぶからです。その限度額内でカードローン会社側が判断した、「この人になら貸しても大丈夫」という金額が限度額になるのです。

ですからカードローン会社は最大限度額の範囲内であれば好きな金額を利用者に貸すことができるようになっています。

毎月の返済金額を多く支払っていると増額に有利になる?

カードローンの増額審査において、毎月の返済金額を繰り上げまたは増額している場合、審査条件として有利に働きます。基本的には、利息は発生するものの、毎月の返済金額を多く支払っているということは最低返済額との差額が余裕分と見做すことが出来ます。

つまり、増額をしても現在返済中の返済額内で、増額後の返済額が収まっているとその分だけ融資をするリスクが低くなります。融資元としても、高い融資額および金利の引き下げを行ってでも、契約者に利用してもらうことで利益を見込めることとなります。

増額審査を受ける際、如何に返済能力に余裕があるかを判断させることがポイントです。

利用金額が多い(たくさん借りている)方が増額審査に有利?

カードローンの増額審査は、利用金額が多い(たくさん借りている)方が不利です。一見すると、取引履歴が多い、信用度も高いため高額な融資を受けていると感じられるものの、実際に重要なことはしっかりと返済を行っているかが重要視されます。

特に借り入れ金額の多さではなく、毎月の返済金額が多い、増額返済や繰り上げ返済が多い方が有利になります。利用金額が多いほど、融資元に入る利息は高いものの、債務超過というリスクが増大していきます。

しかし、しっかりと着実に返済がされていることで信用度も向上し、より高い融資を行っても返済がしっかりと行われるという判断がされます。結果、最優先されるのは、如何に返済におけるリスクが低いかどうかです。

増額審査に落ちた場合は別のところに新規申し込みをしよう

カードローンの増額審査で落ちた場合、実質的な融資金額を増やすのであれば、別のカードローンを新規契約するという方法があります。

しかし、注意するのは増額審査から最低でも6ヶ月以上経過したのちに契約申込を行うことであり、個人信用情報機関への照会履歴だけで新規契約も難しくなります。

消費者金融カードローンの場合、総量規制という問題もあり、契約申込の際は年収の1/3を超えないようにする必要もあります。

基本的には、返済能力があると判断されれば、融資を受けることが可能であり、同じ金融機関へ何度も増額申請をするよりも融資を受けられる確率は高くなります。

増額審査に他社借入金額が大きいと厳しい

カードローンの増額審査は、他社借り入れ金額に影響され、金額が高いほど審査への影響が生じます。基本的に消費性ローンは、無担保・保証人なしであり、契約者自身の信用度や返済能力により利用限度額が査定されています。

また、他社借り入れ件数や金額がどのくらいあるのかといった情報を個人信用情報機関で照会でき、融資するリスクが高い場合は慎重な審査が行われます。

例え、1件で60万円の借り入れと3件で60万円の借り入れ自体に大きな差はなく、返済出来るかどうかといったことが重要です。

増額したとたん、返済遅延や滞納といったリスクを回避するため、他社借り入れ金額についてはしっかりと確認されてしまい、返済状況も審査事項となってしまいます。

住所変更・勤務先変更の届け出をしてないと増額審査に落ちることもある

カードローンの増額審査は、住所変更・勤務先変更の届け出を行っていない場合、申込情報や取引履歴の不一致と見做され、申込内容の確認に時間が掛かることや審査落ちする可能性があります。

基本的に住所や勤務先の情報は、契約内容との不一致が生じてしまい、契約内容の変更が必要となります。契約者が自ら申請する必要があり、特に勤務先の変更届については収入自体が変わってしまうという問題も生じさせてしまいます。

その結果、増額審査で住所や勤務先が再度確認され、申請をしていないこと自体が信用を損なう危険性を持ちます。特に住所変更は、基本的な契約事項を大きく変えてしまうため、必ず申請が必要なものであり、引っ越しをした場合は直ぐに連絡をおススメします。

また、勤務先が変わるといった場合は、増額審査の在籍確認や勤続年数に関わるため、速やかに手続きが必要です。

増額審査に最も大事なのは返済能力

増額審査に最も大事なのは返済能力です。増額する際には契約している会社との取引がしっかりされている事が前提です。取引している期間は半年の利用期間がひとつの目安ですので半年間返済日をしっかり守って返済する事です。

やはり相手側は「この人は契約通り返済して信用できる人か」というのを見ています。返済能力がなければまず信用もなくしますし、いかなる理由でも返済が遅れれば信用出来ない、返済能力がない人だと思われます。

まず自分の返済能力を考えて計画的に返済していく事を考えていきましょう。

希望限度額50万円以下での増額なら即日で審査通過することも多い

カードローンの審査で、希望限度額50万円以下での増額なら即日で審査通過するケースは、比較的多い傾向にあります。

銀行や消費者金融のカードローンにおいて、契約時にはある程度余裕を持った利用限度額が設定されており、過去の取引や個人信用情報機関の取引情報に問題が無ければ、返済能力の範囲で増額が実施されます。

50万円以下の利用限度額の場合、金利は据え置かれるケースが多く、銀行の保証業務委託先や消費者金融ではある程度のリスクは許容できる範囲になります。

また、返済金額はアップし、返済効率も変わらないため、安定した返済が出来ると判断されれば、利益が見込めるため、即日に審査回答がされることとなります。

住宅ローンなど、高額のローンを組んでいると増額審査に通りづらい

カードローンの増額審査は、住宅ローンや自動車ローンなど高額のローンを契約している場合、審査が厳しいといった側面があります。一般的に逆の条件すなわち、高額なカードローンを契約していると住宅ローンの審査が通り難いということは有名です。

しかし、逆の条件でも同じであり、債務超過による債務整理といったリスクを考えると融資元は利用限度額の増額を慎重に行います。

そもそも、住宅ローンが返済不能となった場合、銀行や信用金庫などは住宅の売却により、債務を回収することが出来るものの、消費者金融の場合は担保なし・保証人無しといったことから回収が困難になります。

例え、給与差押を行ったとしても、自己破産や個人再生といった手続きをされてしまうことで回収はより困難になります。

その結果、例え換金できる財産があろうとも、実質的には債権回収といった問題が生じてしまうため、増額審査には高額なローン契約が無いということも条件になってきます。

もし、増額を希望するのであれば、住宅ローンを契約している銀行でカードローンも契約するということが一番審査通過率がアップする方法です。

カードローン会社や希望額によって増額審査にかかる時間は変わってくる。(早いと数分。遅いと1週間程度かかることも)

カードローン会社や希望額によって増額審査にかかる時間は変わってきます。早いと数分。遅いと1週間程度かかることもあります。当然お金を貸す金融機関は増額審査の祭に本当にお金を返せるのかを審査します。

当然高い金額であれば貸倒れのリスクがあるのです審査はより慎重になるのでそれだけ時間がかかるのです。逆に少額であれば貸倒れのリスクが軽減されるので審査は早くなります。ですから、増額審査を通過するためには必要な額だけにしておく必要があります。

少額であれば審査に通過する可能性が高くなります。

可能性は低いが、増額審査の結果によっては、利用限度額が以前より低くなることもありえる

増額審査の結果によっては、利用限度額が以前より低くなる可能性が少なからずあります。その原因となり得るのが、知らず知らずのうちに増加している他社借り入れ、返済の遅延や滞納といった金融事故情報、そして年収自体が下がっているということです。

基本的には、金融事故の情報がある状態で増額審査を受けようとする考えを持つ人はいない筈です。また、契約時から年収が大幅に減少しているケースは少なく、あまり増えていないということの方が一般的には多くなります。

しかし、知らず知らずのうちに借り入れ金額が増えてしまうことは、クレジットカードの契約時に生じてしまい、返済能力に対する融資額ギリギリという状態であれば、増額審査はNGです。

ですが、これらの条件を少なからず確認した上で審査申込を行うため、余程の確認ミスが無い限り稀なケースとなります。

可能性は低いが、増額審査の結果によっては、総量規制に引っかかっていたり、在籍確認が取れないと、最悪利用停止になることもありえる

カードローンの増額審査については、総量規制や在籍確認が再度実施されることを予め認識する必要があります。場合によっては、既に増額を希望する利用限度額が総量規制を超えてしまうことがあり、貸金業者からの借り入れがどの程度あるのか確認することがおすすめです。

また、勤務先に在籍確認が行われることが多く、在籍していないと判断されることだけは回避する必要があります。増額審査の結果、利用限度額が増額されるどころか減額、最悪の場合においてはカードローンの利用が停止されてしまうことがあります。

特に、クレジットカードの支払いを延滞していたり、保証会社が代位弁済を行ったという金融事故履歴についてはより注意が必要です。さらに、勤務先への在籍確認で勤務していないと判断されることだけは回避する必要があります。

ただし、基本的には増額を希望する際、収入が無いにも関わらす、申込みをすることは無いため、非常に稀なケースとなります。

増額するより金利もお得な銀行カードローンへ借り換えが一番ベスト!

みずほ銀行

みずほ銀行みずほ銀行

みずほの口座お持ちなら即日対応!

実質年利4.0%~14.0%
最高限度額1,000万円
審査結果最短即日
最短融資最短即日
収入証明書不要200万まで

限度額に対する基準金利

100万円未満14.0%
100万の場合12.0%
150万の場合12.0%
200万の場合9.0%

みずほ銀行に口座をお持ちの方は「来店・郵送不要」で即日利用可能な「WEB完結申し込み」がおススメです。
更に200万までなら収入証明書不要、銀行カードローンなので「総量規制対象外」とポイントが高いです!
保証会社はクレジットカードでお馴染みオリコカードの「オリコ」です。

三菱東京UFJ銀行バンクイック

三菱東京UFJ銀行バンクイック三菱東京UFJ銀行バンクイック

テレビ窓口は15時以降、土日祝日OK

実質年利4.6% ~ 14.6%
最高限度額500万円
審査結果最短30分
最短融資最短即日
収入証明書不要100万まで

限度額に対する基準金利

100万円未満12.6%~14.6%
100万の場合9.6%~12.6%
150万の場合9.6%~12.6%
200万の場合9.6%~12.6%

三菱東京UFJ銀行のバンクイックは銀行カードローンなのに口座不要、最短即日で利用可能!
インターネットからなら最短30分で審査回答!
ATMコーナーに設置のテレビ窓口ならカード発行まで最短40分!
消費者金融系キャッシングのスピードと銀行カードローンの低金利のいいとこ取りが「バンクイック」です。
保証会社は「アコム」です。

オリックス銀行

オリックス銀行カードローンオリックス銀行カードローン

業界最低水準の毎月返済7,000円から

実質年利3.0% ~ 17.8%
最高限度額800万円
審査結果最短即日審査対応
最短融資契約後最短即日
収入証明書不要300万まで

限度額に対する基準金利

100万円未満12.0%~17.8%
100万の場合9.0%~14.8%
150万の場合9.0%~14.8%
200万の場合6.0%~12.8%

オリックス銀行カードローンは年利3.0%~17.8%の低金利と最高限度額800万
銀行カードローンだから総量規制対象外、「おまとめ、借りかえOK」でさらに所得・収入証明書は300万まで不要!
また来店・口座開設不要でご利用出来ます。
保証会社は「オリックスクレジットまたは新生ファイナンシャル(レイクの審査の信用保証をする新生銀行の子会社)」です。

三井住友銀行

SMBCカードローンSMBCカードローン

口座不要最短30分で審査完了

実質年利4.0% ~ 14.5%
最高限度額800万円
審査結果最短即日審査対応
最短融資最短即日
収入証明書不要300万まで

限度額に対する基準金利

100万円未満12.0%~14.5%
100万の場合10.0%~12.0%
150万の場合10.0%~12.0%
200万の場合10.0%~12.0%

三井住友銀行カードローンは年利4.0%~14.5%の低金利と最高限度額800万
口座をお持ちでなくても最短30分で審査完了と急ぎの方も安心!
限度額300万まで収入証明書不要、「おまとめ、借りかえOK」と高スペックです!
保証会社は「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社(プロミス)」です。

レイク

レイクレイク

選べる2種類の無利息期間!

実質年利4.5%~18.0%
最高限度額500万円
審査結果最短即日
最短融資最短即日
収入証明書不要100万まで

限度額200万以下の場合

100万円未満15.0%~18.0%
100万の場合12.0%~15.0%
150万の場合12.0%~15.0%
200万の場合12.0%~15.0%

レイクは選べる2つの無利息ローン【30日間無利息または5万円まで180日間無利息】
キャッシングのお申込み・審査結果のご連絡・ご契約手続き・お借入れまでインターネットから可能です。
他の銀行に比べると金利は若干高いですが、総量規制対象外で無利息期間を利用できるのはレイクくらいです。

無利息期間ならアイフルよりプロミスの方がお得

モビットなら条件次第で在籍確認なし

PAGETOP
Copyright © カードローン増額審査のポイント All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.